スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
BMIに惑わされるな!
BMIってダイエットの指針としてよく取り上げられている数値ですよね?
この数値を低くするためにダイエットに勤しんでいる人も多いと思います。
けれども、あまりにもこの数値にとりつかれていると、健康を害してしまうこともあります。
その前に、BMIの定義を見てみましょうか?

BMI=体重/身長の2乗

です。

Wikipediaによると

WHOでは25以上を「標準以上 (overweight)」、30以上を「肥満 (obese)」

日本肥満学会では、BMI22の場合を標準体重としており、25以上の場合を肥満、18.5未満である場合を低体重


とされているのだそうです。

けれども、こんな数値、無意味とはいいませんが、個性を全く無視していますよね?

例えば今旬の

澤穂希さん(最近、彼女が美しく見える:笑)
164cm、55kg、BMI=20.5

美玲さん(桐谷美玲)
163.5cm、39kg、BMI=14.6



この数値の差に何か意味がありますか?
澤さんのほうが骨格もしっかりしていて筋肉もついてます。数値が上なのは当然ですよね?
もっというと、体脂肪率5%のボディービルダーも数値的には肥満に分類されることがあるんです。
筋肉は重たいですから。


かくいうぼくも、身長は170cmほどなのですが、肩幅は180cmの人と同じぐらいあります。
既製のスーツが全く合わない無駄にお金のかかる体型なのですが、平均値の人と比べて、明らかに骨量が多いです。
だから必然的にその骨格に合わせて肉がつくため、平均の人より体重は重くなります。
けれど、BMIは2つの要素でザックリ計算しているため、こういった個性を全く無視しているのですよ。


けっきょく、数値に合わせるようなダイエットをすると、逆に筋肉を縮小させたり、骨粗鬆になったりと、健康を害する可能性があります。
だから、食事制限系はやめる方向でスローダイエットを行ったほうが絶対に安全なのです。


ちなみに、BMIは少々高めのほうが寿命が長いとの結果が出ています。
小太りさんはダイエットをしないほうがいいかもしれませんよ!



テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2011/09/15 09:50] | ダイエット | page top


<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。