スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
アトピー性皮膚炎の最新治療
ステロイド薬への疑問

・第一関節分で手のひら2掌分に伸ばす。中途半端だと効かない。
・使い方が悪くて効果がないという風聞が起きている
・すりこまない。のせるように塗る。(膜を作る)
・小さい5gチューブが普及しすぎたために少量しか使っていないようだ。
・完全に患部がキレイになるまで塗る

・再発した場合には再度すぐ塗る。
・皮膚は黒くならない、逆に白くなる。黒くなる人は間違った塗り方をしている
・副作用や依存性は実はけっこう少ない薬。確かに長期間塗ると皮膚は薄くなる。
・ステロイドを使うからぶり返すのではなく、完治しないのに治療を辞める人が多い。
 からぶり返す(見た目で判断せず、処方通りしっかり治す)
 ステロイドは体内で作られているものだから、神経質になりすぎないこと。

・保湿剤とステロイド、どちらから塗っても良い。
・日本では5段階に強さが分かれている。
・アゴはうでの13倍、額は6倍吸収するので、弱いものを使うべき。
・足の裏はあまり吸収しないので、強いものを使ってまずはバリア機能を回復させる。
・(サラン)ラップをすると良い
・慢性疾患なのできれいになったあともしっかりケアしなければいけない。


実際、女の子の患部は、正しい洗浄とスキンケアでとてもきれいになっていました。
女の子はかゆみの自覚症状が2・3日でなくなったとのこと。
男性は重度だったため強力なステロイドをしっかり塗って9日間で水泡もなくなり
数年間悩み続けていた痛みも消えたとのこと。

基本が大事ということなんですね~。
スポンサーサイト

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

[2011/09/06 09:20] | アトピー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top


| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。